オゾバリア

オゾバリアのメリット・デメリットをまとめてみた

皆さん、この時期の花粉やウイルスが気になっていませんか?

ドラッグストアなどに行くと除菌関連の商品は個数制限での販売、売り切れになってなかなか手に入らないという状況だと思います…。

そこで今、話題となっている「オゾバリア」をご存じでしょうか?

「オゾバリア」とは?

モバイルタイプの低濃度オゾン発生器になります♪

オゾンって…?聞いたことがあるけど、なんだっけ?と思う方もいるかも知れません。そこでまずはオゾンについて説明していきますね~!

オゾンは安全性と高い脱臭・除菌効果を実現することができる物質です。そのため、衛生的い細菌を除去することができるんです~!

また、オゾンは気体であるため特別な薬剤を使用することはないです。ニオイを分解したあとは酸素にも戻るので残留毒性もないのです♪

オゾンは大気中に自然に存在しているので、大気を自浄する働きもあるとか!

そのため、水道水の殺菌のために使われたり、日本では食品添加物としても認められているのです!

さらにオゾバリア公式のホームページでは、ノロウイルスや黄色ブドウ球菌にも効果があると書かれています。もしかすると「コロナウイルス」にも効果があるかもしれないですね~!

つでもどこでもプライベート空間を快適に保ち、身の回りの気になるニオイや花粉・ウイルスなどを除菌、脱臭できるオゾンバリアって最強ですね!

でもオゾバリアってメリットしかないのかな…?デメリットはないのかな…?

ということで次に、「オゾバリア」のメリットとデメリットについて紹介していきたいと思います。

メリットについて

①オゾバリアは小型・軽量モバイルタイプなので簡単に持ち運びが可能

大きさは手のひらサイズ(11㎝×5㎝×2.3㎝)になります♪また重さは100グラムなので荷物として持っていきやすいです。私も外出の時には重宝しています♪

②オゾバリアはあらゆるニオイを脱臭

芳香剤や空気清浄機ではニオイレベルの真ん中くらいまでに効果を発揮しますが、オゾバリアはニオイレベル「大」まで効果があります♪そのため、あらゆるニオイのレベルに有効と言えるのです!

③ホテルの部屋や寝室などの除菌をする時

自分ではどうしようもできない場所のウイルスってすごく気になると思います…。ホテルは特に前に誰が泊まっていたのか、わからないですし、独特なニオイもすると思います。

そんな場所にこそ!オゾバリアは必要です♪コンパクトだからこそ自分の近くにおいてウイルスも空気もキレイにしちゃしましょう!

子供、お年寄り、妊婦、持病のある方も安心して使うことができる

ホルムアルデヒドの除去にも一定の効果があります♪酸化による殺菌と消臭のため耐性菌の心配もないです!そのため、抵抗力の弱い方に優しいモノとなっています。

デメリットについて

①オゾバリアを使うことが適していない場所がある

湿っている、濡れている場所、薬品や可燃性ガスの近くでは危ないので使うことはできないです。

オゾバリアの値段は19800円(税込)

少し高いと感じる方もいると思います…!しかし、長く使えると考えるとコスパはすごく良いと思います♪

どこでも持ち運びができるサイズ!

外出先で置きっぱなしにして、どこかに忘れてしまう心配もありますね…ただ、これは自分で忘れないようにするしかないです!笑

付属のカートリッジを交換しないといけない

本体を購入したらずっと使える訳ではなく、やはり使っているとホコリやチリなどの汚れが付いてしまいます。また、オゾンによりプレートが酸化するので、オゾバリアの効果を保つためには交換が必要となりますね。

最後に

オゾバリアの効果とメリット&デメリットを紹介させて頂きました♪

メリットもデメリットもあると思いますが、私は花粉症もちなのでデメリットにまさるメリットを感じて早速購入してみました!

目では見えない自分の周りをキレイに保ち、安全に生活できるのは嬉しいですよね。花粉対策に、風邪予防に、部屋のニオイ、車のニオイ、職場のニオイ…と年中どこでも使えるので買っておいて損はないと思います♪

みなさんが購入する時に、参考にしてもらえると嬉しいです!

ここまで読んでくれてありがとうございました!それでは!